楽器・機材以外で大事なアイテム5選!

ノウハウ

音楽家が持つべきアイテムとは?

音楽をやる人にとって、楽器や機材なんかは当たり前に必要です。

でもそれ以外に結構重要なアイテムがあります!

音楽家の活動を支える、意外と重要なアイテムを5つご紹介します!

結構重要なアイテム5つ

Best 5.椅子

座って作業することの多い音楽家にとって椅子はマスト。私も苦い経験がありますが、安物の椅子で長時間DTMの作業をしていて腰を痛めたことがありました。

今はちょっと奮発していい椅子を買ったところ、そんな悩みとはオサラバです。これは色々な人が言及していますが本当にそうだと自分も実感しています。音楽家に出費はつきものですが、座り作業が長い人は、早めに椅子に投資しておくのが良いと私も思います。

なるべく、大きなホームセンターや家具屋さんで試しに座ってみて、自分のフィーリングに合うものを探して見てはいかがでしょうか。もしくは返品交換対応のあるお店で買えれば、万一の時も安心ですね。

ちなみに私の椅子はこれです。中古で探したのでここまで高くなく買えました。アームレストはギターを弾くとき邪魔になるので、取り外しています。

オカムラ オフィスチェア バロン ハイバック 可動肘 座メッシュ ライムグリーン CP85AR-FDH6

Best 4.姿見鏡

narumikk スタンドミラーST WH 24-517

自分の姿をみる必要性は大きく二つあります。

一つは、自分が演奏している姿を客観的に把握することです。姿勢やフォームや表情などが演奏に大事なことは言うまでもありませんが、それを日頃チェックできるような環境づくりができると、上達の効率が上がります。

また、もう一つ知っておきたいのは、演奏以外でも自分の姿をチェックするといいことがあります。自分の体調の変化や、行動など、自分の姿が見えていることによって自分を律するモチベーションが高まります。健康でいたい、ダイエットしたい、良い振る舞いを常に心がけたい、など思っている人は、思っているだけより、それを鏡でチェックすることによって自己コントロールがきき、なりたい自分へと勝手に自分が導いてくれます。

Best 3.書見台

見やすい角度に14段階調節 木製ブックスタンド 大きめサイズ(40×26.5cm) 折りたたみ式 多用途 書見台 筆記台 (メーカー直輸入品)

書見台(しょけんだい)、またはブックスタンドと呼ばれるものです。これは本当に便利です!本や書類を、開いた状態で、さらにそれをグッと押さえたまま、自分が見やすく書きやすい角度にキープしてくれるものです。

譜面台を持っている人は多いと思いますが、楽譜や本を開くとき、開きっぱなしにするのが困難なものとかありますよね?今出てる書見台は色々な使い方ができて、「机+書見台」というように机に載せて使うこともできれば、「譜面台+書見台」というように、譜面台の上に載せて、楽譜とか本の見たい場所を開きっぱなしにすることができます。

Best 2.複合機

ブラザー A4インクジェット複合機 DCP-J582N

楽譜のコピーをとったり、パソコンやスマホから譜面や書類を印刷したりと、時代が進んでもやはり紙は使います。むしろ、

パソコン,スマホ or 紙

ではなく、

パソコン,スマホ with 紙

の時代だと思っています。それぞれの良さをうまく取り入れて使っていけるスキルが重要ではないでしょうか?

複合機は頻繁に使います。決して高価なものでなくても十分ですが、A4用紙とインクは常に準備しておいて、紙で資料が欲しい時にすぐに出せる用意をしておくと良いと思います。

Best 1.消せるボールペン

これはもう手放せないです。

各社販売していますが、私も、私の周りも、みんなこれ使ってます。

パイロット 消せるボールペン フリクションボールノック 0.5 3色 LFBK-69EF-3C

手書きの譜面を作ったり、アイデアを紙にメモしたり、教則本に書き込みしたりと、私たちミュージシャンは結構ペンで字や記号を描きます。

スマホ・パソコン全盛のこの時代にあっても、成功する人(音楽家に限らず)はメモを上手に使います。これは思考を整理することの重要性と、手で書くことが脳にとっていいことが明らかだからです。

その道具として、現時点ではこれが最高ではないでしょうか?一般的なボールペンより少し高いですが、それでも導入する事によるメリットは絶大です。

まとめ:良いアイテムを使って充実した音楽ライフを送りましょう!

今回は意外と見落としがちな、楽器や機材以外のアイテムをピックアップしました!

全て音楽の活動に大事なものなので、良いものにこだわってチョイスし、充実した音楽ライフをお送りください!

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました