エナジードリンクに頼るのをやめて半年経った結果

食事

エナジードリンクを日常的に飲んでた頃

基本的に、起きてる時間は朝から晩までフル稼働している生活なので、やっぱりシンドイタイミングが出てきます。

特に提出の締め切りが近い時など、寝不足が続く、でも作業しなきゃ、ってときがきます。

そう、そんな時、冷蔵庫には必ずエナジードリンクを常備して、度々飲んでいました。

エナジードリンクを飲むのを辞めた理由

健康や栄養を考えた際、エナジードリンクを飲むのはいい選択ではないと理解しました。

カフェインと砂糖が多すぎる、という点です。

カフェインは覚醒効果がありますが、飲み続けるとそれに慣れてしまって、効果がなくなっていくようです。

また、砂糖の取りすぎも問題でした。

カロリーが多く栄養価が低いのはもちろんですが、『砂糖に中毒性がある』、というのが大きな問題でした。

本当はなくてもいいのに、脳味噌が砂糖を欲しがり続けてしまうんですね。

今では砂糖をなるべく摂取しないようにしているので、無性に欲しくなることが減りました。(それでも、甘いものはやはり魅力的ですね。)

エナジードリンクを辞めた結果

中毒状態からは抜け出すことができました。

シンドイときはやはりシンドイですが、そこはもう限界で、身体は休まなければいけない状態だということになります。

瞬間的に頑張ることはできても、それが続くことはありません。

適切に休む、ということを重要視した結果、やるべきことをコツコツと計画的に進められるようになりました。(スケジュール的に無理なことは、そもそも受けないようにしています)

結論:そもそも自己管理ができていなかった

エナジードリンクに頼るような、自分の時間管理が誤りだったと気づくことができました。

人間は、休まずに走り続けることはできません。

無理やりそれをやったとしても、どこかでしわ寄せがきます。

働き、休む。そのバランスを必ずうまく取るようにして、継続できる習慣を身に付けることが大事です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました