2019年を振り返る(後編)

生活

1ヶ月ごと、今年を振り返る(その2)

2019年。元号が平成から令和となりました。

嬉しいことも、悲しいことも、色々な出来事ありました。

前回の記事に引き続き、今年を7月から振り返っていきます。

▼7月:自分の活動を見つめ直す

6月から引き続き、楽曲制作をしつつ、プログラミングを勉強しつつ。セッションのイベントにも参加しました。

今年7月には、忘れられない出来事が起きました。

インタネート越しに、とても悲しいニュースを見ることとなりました。

信じられず、しばらくネットを開けませんでした。

もちろん、テレビなどのニュースも見れませんでした。

自分の気持ちの整理をつけるまで、時間がかかりました。

その出来事は京都で起こっていたことで、東京に住んでいる私にとっては、実際に目で見たわけではなかったので、「これが嘘であって欲しい」と何度も思いました。

自分にできることは、ただただ関係者の無事を祈ることと、幾ばくかの寄付をすることしかないと知りました。

はっきりと文字にすることができないので、この記事を書いている時も、まだ自分の中で気持ちの整理が付いていないのかもしれません。

『自分はクリエイターとして命を燃やすこと』

それが現状の、結論です。

今まで見聴きしてきた、多くのクリエイターたちが育てた素晴らしい作品に、最大限の敬意を表して、自分もクリエイターとして成長し続けようと、そう心に誓いました。

この頃88鍵キーボードを制作環境に導入。圧倒的に効率が上がりました。

▼8月:黙々と制作を続ける日々

この頃も外での活動はあまりせず、楽曲制作などの活動を続けました。夏なのでイベント自体は多かったものの、やはり外での活動は体力を消耗します。毎年のように夏は活発に動いていた分、こういう過ごし方もいいものだと感じました。(屋内での作業のスケジュールはハードでしたが。。。)

この頃はダイエットが実り、だいぶ絞れてきました

▼9月:YouTube新規開設!ラグビーW杯開幕!

教育系YouTuberなど、今年は特にYouTubeが活発だった影響を受け、私も新規にチャンネルを開設することにしました。そして折しも、初の日本での自国開催となるラグビーワールドカップが開幕。学生時代をラグビーに費やした私にとって、エキサイティングな期間でした。昔のチームメイトたちと会って、お酒を飲みながらラグビー観戦するのはとてもいい時間でした。

ラグビーW杯がめちゃめちゃ楽しかった!!

▼10月:楽曲制作にセッションに、変化を加えて

引き続き楽曲制作を手がけながら、10月は恒例のアニめぐろセッションに参加しました。

毎回参加させてもらってるイベントで、今回は新しい衣装にもチャレンジしたいと思い、けいおん!の琴吹紬ちゃんのコスプレで参加。その甲斐あって(?)、当日の参加者で演奏動画をあげているひとしさんと知り合いになり、コラボ動画を出すことができました。素敵な出会いに感謝です。

新しい遊びを覚えました

▼11月:ブログ開始、演奏動画への挑戦

YouTubeと同時にブログでも情報発信をしようと一念発起した11月。

ネット上で素晴らしい情報を得られる昨今、質の高い情報の量はまだまだ不十分で、それを取捨選択するのは難しいと感じました。

誰でも情報発信はできるし、切り口は人によって様々だということ。

私の情報発信が誰かの役に立つのならば、それをやるべきだと思い、現在も挑戦しています。

ブログやら動画やら、せっせと仕込んでいました

▼12月:日々の積み上げと新しい挑戦

日々、ブログを書いたり本を読んだり、もちろん楽器の練習も欠かさず、そうした積み上げが定着してきて、色々なことをバランスよくこなせるようになりました。

そして新しい挑戦も欠かさず、編曲のご依頼をいただいたり、演奏動画を投稿したりもしてきました。

これまで、周りの状況に流されてやることを決めていたことも多々ありました。しかし今は、「これをやる」と決めたことを自らの意思で進めています。

自分にしかできないことが、一番の価値になる。

そんな時代がきています。

2020年とその先を見据えて、毎日を大切に過ごして来れました。

メンズ美容はこれからトレンドになります。きっと女装もきます。

2019年後半のまとめ

今年の後半はネットでの発信に活動の軸を移していきました。

去年までは、アコースティックユニットでの活動など、リアルでの活動が多かったのですが、今年は少し方針を変えて新しいことにチャレンジしました。

多くの本を読み、色々な人の考え方にふれ、新たな世界が広がった一年だったと思います。

あと余談で、今回の記事では自撮りが多くなってしまいましたが、、、

『自分を好きになること』は、いいことだと思っています。

今までよりも一番、今の自分が好きです。

今年一年、大変お世話になりました。

来年の更なる飛躍に向けて、日々の積み重ねを大事にしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました