朝食はとった方がいい?とらない方がいい?

食事

朝食

あなたは毎朝、朝食を取りますか?

取るときもあれば、取らないときもある?

基本的には、毎日朝は抜いている?

人それぞれ様々です。

「朝はしっかり食べさない」

こう言われて育った人が多いのではないでしょうか。

でも果たして本当なのでしょうか。

なぜ「朝食をとった方がいいのか」

「目が覚める」とか、「一日のエネルギー源」とか、色々言われます。

食べた方が、体にいい、というのが主な理由でしょう。

これって、万人に当てはまるのでしょうか?

ネットで調べてみると、賛否両論。

むしろ、朝食を食べない方が勉強や仕事のパフォーマンスが上がる、なんていう主張もあります。

結論:人によって違う

大きな結論としては、これに尽きると思います。

朝食を食べた方が調子がいい人。

食べない方が調子がいい人。

様々でしょう。

ちなみに私は、食べたい時は食べる、です。

朝がいらないときもあります。

そんな時は、無理に食べようとはしません。

逆に、朝とてもお腹が減っていたら、しっかり食べることもあります。

ダイエットという観点からは、総摂取カロリーを減らすことが大事なので、食べなくていいなら食べない、これに尽きると思います。

なので、現在はこの記事の通り、減量に成功しています。

自分で人体実験する

オススメはやはり、記録をつけることです。

毎日、自分の体の状態と、朝を食べたか食べなかったか。

できれば、その品目とカロリーも記録すると良いでしょう。

ネットの記事(まぁこれもそうですが)に踊らされず、

自分のことは、自分で検証して、自分で確かめる。

面倒ですが、このスタンスが一番確実ではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました