スマホ時代の時間節約法

お金

▼時は金以上

「時は金なり」なんていう言葉がありますが、おそらくこれを真に受けている人は少ないでしょう。

「時は金以上」

です。

お金はいくらでも増やす方法がありますが、

時間は、一人一人に割り当てられたものは変わりません。

なので、成功している人たちはどうやって自分の時間を作るかを考え続けます。

会社を経営している人は、いかに優秀な部下に仕事をやらせて、自分の意思決定で事業がうまく行くように考えますよね?全部自分でやっていたら、時間の限界=稼げる限界となってしまいます。

▼貴重な時間を節約する

さてここで、私も貴重な時間を確保するために実践していることがいくつかあります。これまで上手くいっているものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

・キャッシュレス決済にする

以前、音楽界隈のキャッシュレス化についても記事を書きましたが、私はキャッシュレス大賛成です。現金を財布から出して、ぴったりなければお釣りをもらって、というあの時間が無駄だと考えています。一回の時間の差は、ほんの数秒程度でしょうが、お金を払うシーンは毎日何回もありますよね?キャッシュレスで一回の会計でだいたい平均10秒ほどの時間が節約できるとして、コンビニや飲食店や買い物を平均で一日3回すると仮定すると、キャッシュレス決済にすることによって一年で約3時間(10,950秒)の節約になります。映画一本、本一冊分時間が生まれます。

Pasmo、楽天Edy、PayPay、LINE PAY・・・・

挙げたらキリがないほど今は種類があります。細かい違いはありますが、今はどこでもだいたい使えるので、身近なサービスに近いもの(楽天カードを持ってたらEdy、Yahoo!ならPayPayなど)で選ぶとラクです。

cashless

・モバイルWiFiルータを持ち歩く

今は誰でもスマホは持ち歩く時代です。キャリアの4G通信はちょっと遅いし、プランによって制限があるし、できればWiFiを使いたいですよね。

私はさらに、Macbook Proを日頃持ち歩いていますので、出先でのネット接続は必須です。これまで、基本は都内で生活しつつ、たまに地方にも行くようなライフスタイルで、ありとあらゆる手段を試しました。

・街中のフリーWiFi→接続に手間がかかる。回線が遅い。時間制限がある。

・飲食店やカフェのWiFi→接続に手間がかかる。回線が遅い。時間制限がある。

・スマートフォンのテザリング→接続に手間がかかる。回線が遅い。スマホのデータ通信容量を食う。

・会社、個人宅などの施設のWiFiを使わせてもらう→パスコード設定をいちいちしなければいけない。

どれもやはり、まず『接続の設定』に時間が取られます。回線速度が遅いのも、同じ作業をする上で時間効率を悪化させます。時間制限があるところは、一定時間で繋ぎ直さなければいけないなど、ここでも時間のロスが生じます。

そこで、最強なのは

個人でモバイルWiFiルーターを契約して持ち歩く

これです。接続を一回済ませれば、あとは本体を起動するだけです。電波が届くエリア内なら回線速度は十分です。月々の通信量としては高くなってはしまいますが、それ以上の時間的メリットを享受できます。(あと精神的にもラクです。)

下記にオススメを貼っておきますので、試したことない人はぜひ!快適さと、時間の節約を実感できます。

■ギガWi-fi

自宅でネットを引くのはちょっと手間がかかりますよね。モバイルワイファイならすぐに使えます。外出用じゃなくても全然問題ありません。容量制限があるものも多いので、無制限のギガWi-fiをオススメします。

※ちょっとだけ試したい!数日のみでお得な方法も

スマホが突然壊れてしまったり、引っ越しをしてネット開通まで時間がかかったり・・・

数日から数週間だけ、ネットを使用したいタイミングも、たまにあります。

【WiFiレンタルどっとこむ】は、そんな時に便利なサービスです。例えば、2泊3日で1200円のプランを使えば、スマホの代替機を手配したり、ネット開通を待つ間のつなぎにも使えます。その間、外出先でいちいちwi-fiを探す手間がどれだけかかっているのか、実感もできるでしょう。

あと例えば、地方や海外から来た家族、友人なんかに貸し与えるのもいいかもしれませんね。とにかくネットが不可欠なこの時代、早いインターネットを使えるかどうかで人生の『可処分時間』が変わってくるので、費用をかける価値は十分にあると思います。

自分の時間を多く生み出し、浮いた時間で人生をより充実させましょう!

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました