ミュージシャンの副業

お金

音楽以外でも稼ぐ

今年は老後2000万円問題など、いよいよ終身雇用が崩壊していることを実感するようなニュースが話題となりました。

ミュージシャンと一口に言っても、専業でやっている人、本業は別にあって副業として音楽の仕事をしている人、音楽は完全に趣味の人、様々です。

やはり多くの人は、会社員などの定職に就きながら、余暇として音楽を楽しんだり、その延長でお金を稼げたりしていると思います。どのようなスタンスでも、本人が望む形で音楽に携われることが一番です。

さて、専業ミュージシャンにはそもそも終身雇用なんてものはないので、自分の力で稼ぎ続けていかなければいけません。自身のアーティスト活動、サポート活動、レコーディング、制作、レッスン、印税など、音楽スキルを活かして稼ぐ方法は色々あります。

ここで、これからの時代に大事なのは、

ミュージシャンは音楽だけで稼ぐ

という考え方は古く、損をするということです。

当ブログの最初の記事にも書いたように、音楽家とは言っても、音楽以外のこともやりたければガンガンやるべきだし、それでお金を稼げるものがあればいいに決まってます。

現に、音楽家のみならず大きく稼いだ芸能人なんかは不動産投資をやったりして、収入を増やすのは普通ですよね?世界トップのラッパーのジェイ・Z は、投資やらアパレルやら、もうマルチに活躍するビジネスマンです。彼は音楽に専念すべきでしょうか?他の事業でも成功して、世の中に価値を生み出すならば、何も文句はないですよね。

稼ぎ方が多様化する時代

改めて、音楽家の稼ぎ方を考えます。

ロックバンドを組んで、ライブでお客さんを集めて、そのチケット代で稼ぐ。グッズを作って売り上げで稼ぐ。CDを製作して手売りしたり、流通させたりして稼ぐ。こんな典型的なビジネスモデルだけしか頭になかったら、うまく人気が出たとしても、収入は頭打ちでしょう。

音楽の知識とスキルが十分あれば、レッスンで生徒を集めてレッスン代で稼ぐ、という方法もあります。これも今は、教室を開いてやるだけではありません。ココナラやUdemyなど、オンラインでスキルを売る方法がたくさんあります。

スタジオミュージシャンや、作家と呼ばれるような、裏方の仕事もあります。アーティストやアイドルなどの音源制作に演奏で参加したり、歌詞や曲を提供してお金をもらう仕事です。これは一般的には目立たない仕事ですが、表に出るアーティストやアイドルが人気ならば、大きな額を稼ぐことができます。

他にも様々な、「音楽家としての稼ぎ方」がありますが、ここで一旦音楽から目を離します。

会社員の副業が最近何かと話題ですが、これも音楽家が取り組めるものもいくらでもあります。例えば、インターネット上に掲載する記事を書く「webライター」という仕事があります。1文字〜円、といった単価で計算されることが多く、文章を書くのが得意ならば、まとまったお金を稼ぐこともできます。元手があるならば投資もいいでしょう。株、不動産、外貨など様々なものがあります。他にも、プログラミングのスキルがあれば、エンジニアとして稼ぐこともできます。今は世の中的にエンジニアが足りていません。

さらに、今一番ホットなのはYouTubeではないでしょうか。再生数が上がれば、広告収入が得られるのは周知の事実です。音楽家だからと言って、必ずしも自分の作品や音楽を出さなければいけない、という決まりもありません。人々が観たいと思う動画が、再生数を集め、それが増えれば収益になります。今までYouTubeは、素人さんがやるもの、というイメージが強かったと思います。ですが今年は、多くの有名人がYouTuberとして活動を初めて話題になりましたね。彼らの知名度は大きな武器ですが、必ずしもそれがYouTubeで再生数を稼ぐ要因とはならないのも興味深いです。無名な人でも何万人も登録者数を持つ人もいます。誰にでもチャンスが開かれていることは、いいことですね。

やりたいことは全部やろう

ミュージシャンには、音楽という軸があります。

それを持ちながら、他にもやりたいことがあって、それがお金になるようなら、どんどん積極的に取り組んで行くべきです。

そんな経験も、軸となる自分の音楽の糧になるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました