【ミュージシャンが解説】ラグビーってどういうスポーツ?

ラグビー

ラグビーを知ってほしい

ギタリスト、サウンドクリエイターのわーさーです。

今ではミュージシャンが本文ですが、私は学生時代をまるっとラグビーに費やしてきました。

中学、高校、大学は楕円球を抱え、人とぶつかり合ってた記憶ばかりです。

今では競技から離れてしまい、試合を観戦することも稀ですが、ニュースなどではよく情報を得ています。

昨年、日本で開催されたワールドカップが非常に盛り上がったものの、まだまだラグビーについてよく知らない方が多いと思います。

ラグビーに関しては結構語れる方だと思うので、そんな私からざっくりとラグビーを説明したいと思います。

【ハイライト】日本 vs. アイルランド ラグビーワールドカップ2019 プールA
去年私はラグビーめっちゃ楽しく見てました!!

ずばり、ラグビーとはどんなスポーツ?

ここからは、そもそもラグビーってどういうスポーツなのかを、とても簡単に解説してみます。

ボールを蹴って、H型のゴールに入れて、点をとるスポーツです

ラグビーはそもそも、「ラグビーフットボール」と呼ばれるように、サッカーと起源を共にする、足を使った競技です。先日引退を発表した五郎丸歩選手が、特徴的なポーズからボールを蹴る姿が有名ですが、あれがまさにラグビーの点の取り方です。

ただし、ボールを持って走り込む「トライ」をイメージする人も多いですよね。あれも点をとる行為ですが、歴史的には後付けされたルールです。元々、ボールを持って敵陣の奥にグラウンディング(ボールを置く)すると、キックを蹴って得点を狙うことに挑戦(トライ)できる、というのが由来です。それが、競技を面白くするために、ボールを運ぶこと自体が重要視されて、得点がつくようになりました。

なお、相手の反則からゴールを狙うPG(ペナルティゴール)もあるし、フィールドプレー(普通にプレーしている時)でもドロップキック(ボールを一度地面に落としてから蹴る蹴り方)でゴールを狙うこともできます。

ラグビーの得点は、基本的にはボールを蹴って入れることにあります。

ボールを持っている人にだけ、ぶつかってOK

ラグビーのイメージは、激しい体のぶつかり合いがあるスポーツ、という人も多いと思います。

あれはぶつかるのが目的ではなくて、敵を止めたり、ボールを奪ったりするのに、「原則としてボールを持っている相手にはぶつかってOK」というルールになっているから、ぶつかりあっているという現象が起きています。

もちろん、危険な行為は禁止されていて、あからさまな暴力や、首から上にぶつかることは禁止されています。節度を守ってお互いプレーしているから、あんなに激しいことができるのが、「紳士のスポーツ」と呼ばれる由縁です。

前にパスできないけど、ボールを持って走ってOK

サッカーやバスケに馴染みの深い私たち日本人にとって、ここが大きく違和感のある部分だと思います。

ラグビーでは、15人ずつのチームで対峙し、相手の陣地のゴールか、ラインの奥にボールを置くことを目指します。相手陣地へ進むとき、やってはいけないのが待ち伏せ行為(オフサイド)です。ボールを基準に、相手陣地の奥で待ち伏せすることが許されないから、結果として前にパスをすることもできません。

ただし、ボールを持って走れば、相手陣地に向かって進むことができます。ところが、相手はそれを体を張って食い止めようとします。そこでタックルが起きたり、またはパスを繋いで敵をかわしたりする状況が発生します。

全ては、ルールのもと、ボールを持っている側が、相手陣地の奥を目指して、ゴールを狙うことが目的だと考えるとわかりやすいと思います。

速報!ラグビー日本代表サモア戦にて劇的トライ!!ラストワンプレーのスクラムから松島選手の鮮やかなトライ
去年、HUBでパブリックビューイングしたときはめっちゃ盛り上がりました

まとめ

今回は、ラグビーについて簡単にまとめてみました。

まずは、元々キックでゴールを狙って点をとるスポーツだということ。

そして、ボールを持っている人にだけ、体で直接ぶつかって止めることが許されていること。

前にパスできなかったり、ボールを持って走ったりするのは、競技の性質と目的からそうなっているということ。

前提条件がわかると、一見ややこしそうな競技でも、「なんでこんなことをしているのか」が見えてくると思います。

細かいルールも多いですが、そこは気にせず、まずは大雑把に楽しんでみるのが大事だと思います!

冬は大学選手権、そして全国高校ラグビーのシーズンですね!ニュースとかで流れたら、ちょろっとでも興味持ってもらえると嬉しいです!

【本日のオススメ本】

見るだけでうまくなる! ラグビーの基礎 (目で学ぶシリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました