コード弾きのバリエーションを簡単に増やせる『転回形』とは?

ギター

「E/G#」とかってよく出てきますよね

ギターのコード弾きを練習すると、色々な曲のコード伴奏ができるようになってきます。

ところが、様々な教則本やネットのダイアグラム表だけではなかなかわからないコードがあります。

それが、オンコードと呼ばれる種類のコードです。

オンコードの仕組み

オンコードというのは、「(コード名)/(コード名)」で表されるような、何かのコードのベース音だけ特定の音を指示されているコードです。

例えば、Cmaj7は通常、ベース音はコードのルートのCになります。しかし、Cmaj7/Bとなると、そのコードはベース音がBになります。

このように、オンコードはかなりのバリエーションが考えられますが、全部を覚えて使いこなすというのはとても大変です。

なので、一般的に世の中の曲でよく出てくるパターンをまず覚えて、それをギターで弾けるようになっておくのがオススメです。(音楽理論とかが好きな人は、そこからどんどんご自身で追求していくと楽しいと思います)

コード弾きのバリエーションを増やす

ここでは、いろんな曲のコード弾きをするとよく出てくる、「第一転回形」と呼ばれるパターンのオンコードをご紹介します。

E/G#がまさにそれです。

これは、Eコード(メジャー・トライアド)の構成音「E,G#,B」のうち、したから2番目の音を一番下に持ってきて、順番を並べ変えた形となります。

すると、音の並びは「G#,B,E」となります。

EとE/G#は、構成する音は同じでも、並び順が違う、ということになります。

(このコードの弾き方は下記の記事を参考にしてください)

この考えを応用すると、もっといろんなバリエーションでコードを弾くことができます。

例えば、D/F#というコードもよく出てきます。

これは、Dの構成音が「D,F#,A」なので、同じように第一転回形に直して、「F#,A,D」としたものです。(下から2番目の音が一番下にきています)

ギターの構造の特徴を利用すると、E/G#のコードの形を覚えたら、それをそのままネック側にフレット2つ分ずらせば、半音二つ分(全音)全ての音を下げられます。つまり、E/G#のコードを同じ形で2フレット分下げれば、D/F#になります。(注意点としては、開放弦を使わないことと、0フレット(ナット)より下にはずらせないことです)

この考えを利用すれば、F/Aも、B♭/Dも、G/Bも、そのオンコードが第一転回形だと見抜ければ、自由自在に弾きこなすことができます。

まとめ

E/G#やD/F#など、コードにおいてベース音を個別に指定する形をオンコードと呼びます。

オンコードには様々なパターンがありますが、第一転回形と呼ばれるものが、一般的によく出てきます。

第一転回形のコードの押さえ方をいくつか覚えておくと、ギターの特徴により、いろんなコードで応用が可能で、コード演奏のバリエーションが広がります。

ぜひこの形はマスターして、毎日のギター演奏に役立ててください!

ELIXIR ( エリクサー ) / OPTIWEB Light #19052 ツインパックセット
ELIXIR ( エリクサー ) / OPTIWEB Light #19052 ツインパックセット

【本日のオススメ本】

リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術 作曲&編曲に役立つ音楽理論を実践形式でマスター (CD付き)

【あわせて読みたい】

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました