曲の途中でテンポが変わるのは『転調』ではありません

音楽総合

間違って使われることの多い言葉

「転調」とは、音楽の用語で、曲の途中で調「キー」を変えることを指します。

暗い感じの雰囲気の曲が、途中で一転して明るい感じの雰囲気になったりするのが、転調という手法です。

渡辺美里 My Revolution
(私の音楽人生のバイブル「小室哲哉」さんの転調の技は神がかってます)

よくある間違いが、曲の途中でテンポが変わることを「転調」と言ってしまうことです。これは転調ではありません。ただしキーが変わって、テンポも変わる場合もあります。この場合は、

「転調して、テンポが変わった」

という表現になります。

なぜ間違われるのか?

まず、転調という言葉の持つイメージに注目してみます。

「曲の途中で、ガラッと雰囲気が変わる」

と、聞いてる側は「おやっ?」という感覚を覚えます。(曲の作り手はそれを意識して意図的に転調したり、テンポを変えたりします)

この、ガラッと雰囲気が変わることを、【転調】という言葉のイメージに結び付けてしまうんだと思います。なので、その手段である「調を変えること」「テンポを変えること」をひっくるめて【転調】と呼んでしまうんだと思います。

さらに厄介なのが、この誤用が半ば市民権(?)を得ていることです。

一昔前、ゴールデンタイムのバラエティー番組で、音楽素人の某芸能人がオリジナル曲を作り、それをプロの編曲家が仕上げてアーティストデビュー、なんていう企画をやっていました。某芸能人が割とフリーダムに(はちゃめちゃな)曲を作ったのを、プロの編曲家がちゃんとそれっぽい曲に仕上げて「さすが、プロってすごいな!!」ってなるのですが、問題は番組の構成です。

そのはちゃめちゃな曲は、途中で一気にテンポが変わったり平気でするのですが、それをひっくるめてテロップでデカデカと

「いきなり転調!!??」

とか出すもんだから、一般の視聴者からはそういう現象を【転調】だと認識してしまうのも無理はありません。

まとめ

転調とは、曲の途中で調(キー)が変わることです。

テンポが変わることを転調とは言いません。

音楽を専門にやる人にとっては常識ですが、そういう人たちとやり取りする際に、「誤解や意味の取り違え」が起こらないよう、正しい理解が広まればと思っています。

【本日のオススメ本】

小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete from 1984 to 2014

コメント

タイトルとURLをコピーしました