ギターでコード弾きを覚えたあとの『次のステップ』

ギター

コードが弾ければリズム・ギターは完璧?

ギターの演奏は、大きく分けて【リード・ギター】と【リズム・ギター】があります。

【リード・ギター】はイントロやアウトロのメロディーだったり、歌の途中に入る短いフレーズだったり、ギターソロなどのメロディーっぽい演奏を指します。

【リズム・ギター】はコードストロークや、アルペジオなどで伴奏することを指します。

特にリズム・ギターについては、ある程度様々なコードが押さえられるようになると、どんな曲でもそれを応用してそれっぽく弾けるようになります。コードフォームをずらせば、音の並びを保ったまま、別の音を基準(ルート音)とした別のコードが引けてしまいます。パワーコードで済むならとても簡単です。

しかし、それができればリズム・ギターはもう完璧なのでしょうか?

速さや正確さを求める・・・だけではない、『別の軸』でリズム・ギターを考えるのが、次のレベルにいくための重要なステップとなります。それが、コードを小さく『因数分解する』ような考え方です。

ギター単体orバンド演奏

ここでまず、ギターを弾くシチュエーションを想定します。

「アコギ一本で弾き語り」とか、「ドラムのいない少人数編成」とかだと、ギターが伴奏として大きなウェイトを占めます。

一方で、よくある「ドラム、ベース、ギター」が揃うバンドだとどうでしょう?

そこに、「ギター二人目」だったり、「キーボーディスト」がいる場合も多いです。もっと豪華だと、サックスなどの管楽器が加わるビッグバンドもあったりします。

すると、様々な編成によって、ギター演奏の役割も柔軟に対応していく必要があることが見えてきます。一つの音楽を作る、という目的の中で、『ギターに求められる役割』を考えます。

バンドに求められるギター

では、バンド演奏の時、リズム・ギターに求められるものはなんでしょうか?

演奏する楽曲やその目的によって違いはありますが、その中でも重要なのが「コード感」を出すことです。

リズムの主導権はドラムです。オーケストラの指揮者の役割が当てはまります。

ベースは、音程の土台とリズムを兼ねて担当します。メロディの音程も、コードの音程も、全てベースの一番低い音程を土台として積み重なっていくと考えます。

そしてギターは、アンサンブルの中での和音を奏でて、雰囲気や色付けを担当します。

なので、バンドでギターを弾くときは、必ずしもコードの音をルートから全て全部弾く必要もないし、必ずしもストロークでジャカジャカとリズムを刻む必要もありません。それはベースやドラムがメインで担当します。(そうした演奏は目的があってやるものになります)

コードを小さく『因数分解』する

バンドでギターを弾くとき、コードの音を全て弾く必要がないとすれば、何を弾けばいいのでしょうか?

その時に、コードの構成音をバラバラに因数分解して考えると、より柔軟な演奏ができるようになります。

例えば、Cメジャーセブン(Cmaj7)を弾く小節があったとします。

Cmaj7の構成音は、C、E、G、Bです。Cがルート、Eが長短(コードの明るさのようなもの)を決める3度、Gが5度、Bが7度です。

4和音で重要な音は、3度と7度と言われます。

ルートはベースが担当し、5度もルートを補強するような音です。コードの性質を決めるのが3度と7度になります。

なので、バンドでCmaj7を演奏する時、ベースがルートのCを弾いていたら、ギターはE,Bの2音を弾くだけでも、十分にコードの雰囲気を出すことができる、ということになります。

更にこんな見方もできます。

Cmaj7の構成音を、[C、E、G]の3音と、[E、G、B]の3音のグループに分けて見ます。

すると、Cmaj7は、

[C、E、G]の3音でできた、Cコード(トライアド)と

[E、G、B]の3音でできた、Emコード(トライアド)の

二つのコードが合わさっているコード、と見ることができます。

なので、Cmaj7のコードを弾く場面で、Emのアルペジオを弾いたり、2音ずつバラして弾いたり・・・などすると、より多彩なコードバッキングができるようになります。

まとめ

ギターを初めて、誰かに習ったり独学したりして、ある程度曲に合わせてコードが弾けるようになると、ギターは一気に楽しくなります。

特にバンドでギターを弾くときは、「バンドに求められるギター」が何かを考えるようにすると良いでしょう。

それは、コードの全ての音をジャーン!と弾くだけではない、ということが分かってきます。

そこでコードを分解して考え、弾けるようになると、あなたのギターはバンドサウンドに溶け込んで輝きを放ちます。

最初は少し頭が痛くなりますが、ステップアップしてより”頼られる”ギタリストになれたら、素敵ではないでしょうか。

【本日のおすすめ本】

トータル・ギター・メソッド〜カッティング編〜 (MyISBN – デザインエッグ社)

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました