極端?スマホは『常に電源オフ』のすゝめ【デジタル・デトックス】

ノウハウ

1日に何回スマホみてますか?

あなたはだいたい、1日に何回or何時間スマホを見ていますか?

時と場合によるとは思いますが、ある調査では1日平均3時間くらいとも言われています。

スマホ依存を抜け出す13の方法
恐れることなかれ。生活習慣に少しずつ取り入れることのできる手段もある。

LINEで連絡とったり、SNSを頻繁に見たり、ゲームをやったり、動画を見たり、調べ物をしたり・・・。スマホを見てれば、1日がすぐに終わるくらい時間を使えます。

そしてそれは、あなたにとってどれくらい「必要な」時間でしょうか?

あなたは『誰か』に時間を奪われています

極端なことを言えば、時間とは人生そのものであり、命そのものです。あなたの時間が止まる時、それは命が尽きる時です。

私たちは必ず、死に向かって人生を歩んでいます。死ぬまでの『残り時間』そのものが命です。

・・・と、ちょっと物騒な物言いですが、何より時間は大事です。そしてそれは、あなたが大切にしたいこと、やりたいこと、一緒にいたい人、いきたい場所、そういうことに注ぎ込むことが最も望ましい。しかし、スマホを使っている時間は、よくよく考えると、どーでもいいことに費やしてはいませんか?

なぜ気付いたらそんなことになっているか、答えは誰かがそう作っているからです。

いいねの数が気になってしょうがないSNS、毎日ログインしなければいけないゲーム、その他誰かが作ったものは、あなたの時間をそれに使って欲しいからです。それが本当に必要かどうか、一度立ち止まって考えてみるべきです。

スマホをみる必要があるのはいつ?

とは言え、スマホは大変便利です。現代の人にとってはほぼ、なくてはならないものでしょう。

例えば、メールやラインのチェックは、1日一回でも十分ではないでしょうか?

SNSのチェックも、四六時中見ている必要はありますか?

ゲームは最優先の日課ですか?

例えば、ニュースやメールのチェックを、朝と夜に一回ずつやり、それ以外は基本的に電源を切る。隙間時間は紙の本で読書などするのがいいと思います(スマホがない時はみんなそうだったと思います)。

こういったこと、一度試してみるといいかもしれません。普段スマホを使ってやっていることが、果たしてどれだけ意味のあることか、それでも必要なことを、その時に「スマホの電源を入れて」やるのがいいのではないでしょうか。

まとめ

あえて言えば、現代人のほとんどは、スマホ中毒です。

スマホ中毒になるのは、スマホ自体やアプリ、webコンテンツを作っている人たちが、「人をスマホ中毒にさせたい」から、そう作っているためです。

まずは、例えばご飯の時にスマホを切って、テレビとかも見ないでみるのはいかがでしょうか。さっき食べた食事の、味、色、匂い、覚えてますか?

【本日のオススメ本】

ゼロから“イチ”を生み出せる! がんばらない働き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました