キングスライム式目標達成術

ノウハウ

目標が達成できない理由

多くの人は現在進行形の目標を何かしら持っていると思います。高校生くらいならそういった感覚を持って勉強や部活を頑張るでしょうし、本田圭佑選手のような大成功している人だって今なお何かの目標に向かって取り組んでいるはずです。

大きい目標ほど達成するのは難しいものですが、それができる時も必ずあります。それを今回は、ドラゴンクエストのキングスライムを例に説明します。

いきなりキングスライムを倒す力がない

キングスライムは攻撃力も高いし、ザオラルが唱えられたりしてかなりレベルの高い敵です。あなたやあなたのパーティーが十分強ければ、一撃でひねることも容易いかもしれませんが、そこまでではない状態だったとしましょう。

キングスライムの登場シーンをご存知でしょうか?

最弱のモンスター、スライムが8体現れ、おもむろにブヨブヨ動き出したかと思うと、一箇所に集まってキングスライムになります。つまり、キングスライムの状態にならなければ、ただの8体のスライムです。これを叩きます

スライムを一匹ずつ倒す=目標を小分けにする

つまり、キングスライム単体で見ると敵わないような相手でも、小分けになったスライム一匹ずつなら訳なくひねりあげることができる、ということを利用します(実際のドラクエのゲームで可能かは別として)。

大きな目標は、小分けにして一つずつ達成します。

例えばダイエットで、5kg痩せることを目標にします。

3ヶ月で5kg、という目標は、人によっては結構ハードだったりします。毎日おやつを我慢したり、運動をしたり、でも一週間経っても500g・・・なんてことはザラです。なので、3ヶ月を10週間と捉え、1週間で500g、これを10回繰り返すとします。すると、この500g痩せるという小さな目標は結構簡単にクリアできるので、それをどんどん繰り返していけば、最終的には5kg痩せられる、というロジックです。

まとめ

大きな目標を達成するには、目標を細かく分けてそれぞれと戦うと、最終的に満足いく結果を得られる、ということの解説でした。

ただし、あなたや多くの人が持つ目標は『スライム×8=キングスライム』のような単純な仕組みにはなっていない場合が多いです。なので、その目標の要素を小さく分割することに最も力を入れる、ということがポイントになります。逆に、それさえできれば大きな目標達成はすぐそこです。

人生で一番若い今日という日に、目標達成に向けてチャレンジを始めるあなたを応援しています。

【本日のオススメ本】

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

コメント

タイトルとURLをコピーしました