【洋楽】必聴ロック・ポップス名曲まとめ~B後半~

音楽総合

必聴のアーティスト

必聴の洋楽ロック・ポップスの名曲をご紹介する本シリーズ、今回は頭文字がBのアーティストの後半です。(前半は下記の記事になります)

人生で一度は聞いておくべきアーティストだと思っています!早速参ります!

B~

Bob Dylan

Bob Dylan(ボブ・ディラン)はアメリカのシンガーソングライターです。1959年から活動を初め、ロック界に止まらず、今日の多くのミュージシャンや著名人へ影響を与えています。その功績は世界的に認められており、数々の音楽に関する受賞歴がありますが、中でも2016年の歌手として初めてのノーベル文学賞受賞は大きな話題となりました。メッセージ性の強い歌詞と、大衆の心を掴む音楽性が特に評価されていますが、我々日本人としてはまず英語の歌詞を読み解くところからスタートが必要かもしれません。もちろん、吉田拓郎など日本の著名ミュージシャンたちにも多くの影響を与えています。

Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)

Bob Marley

Bob Marley(ボブ・マーリー)はジャマイカ出身のレゲェ・ミュージシャンです。日本でも昨今レゲェが一般的に聴かれるようになりましたが、ボブ・マーリーがレゲェというジャンルの先駆者だとされています。(J-Popで聴けるレゲェとはちょっと雰囲気が違うと思います、、、海外も含め、そのジャンル内で時代感などによってサウンドが変化していくことはよくあることです)平和を求める活動を行ったことも有名で、その思想や発言なども多くの人に影響を与え続けています。

Bob Marley – No Woman, No Cry (Official Video)

Boz Scaggs

Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス)は、アメリカのシンガーソングライターです。1970年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)を代表するアーティストとして知られ、日本でも多くのファンを獲得。来日公演も多数行っており、CMソングにも起用されました。日本のポップスで、特に80年代あたりの作品のサウンドはボズ・スキャッグスやシカゴなどのAORアーティストたちの影響を感じることができるので、私のような当時を知らない世代でも、過去の曲を調べる際に参考になると思います。

Boz Scaggs – JoJo (Official Video)

まとめ

今の新しい音楽は、多かれ少なかれ過去の偉大なアーティストの影響を受けています。そんな歴史を辿っていくのも音楽を楽しむ醍醐味の一つではないでしょうか?まだまだ紹介すべきアーティストはたくさんいますので、今後も記事を更新していきます!ご覧いただきありがとうございました!

3,500万曲以上聴き放題!【最大1ヶ月無料】

【本日のオススメ本】

伝記 世界の作曲家(13)ボブマーリー (日本語) 単行本

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました