『挫折』は宝物をくれる

ノウハウ

よく挫折する人

計画を立てては、挫折する。

これってよくありますよね。

元旦になったら

「今年は英語を勉強するぞ!」

「痩せるぞ!」

などなど、希望に燃え上がっては、いつの間にか日常に忙殺されてそんなこと忘れてしまいます。

ですが、その挫折はすごい宝物を残してくれています。

多くの人は(そして私も今まで)、それに気づかず、宝物をスルーしている状態にあります。

計画して実行している

挫折するということは、何かを計画して実行しています。

その時点で、目標へと向かって確実に歩み始めています。

まずこの一歩が、誰にとっても貴重な体験です。他の人は知り得ない、あなただけの特別なものになります。

挫折は必ずやってくる

ところが、その計画は「達成し、成功する」ことを前提にしてしまいます。

当たり前のような話ですが、その計画の目的となるものが欲しい以上、失敗することを想定して計画は立てないのが普通です。

でも、ここが落とし穴です。

何か今まで自分ができなかったことにチャレンジした場合、必ずうまく行かないことが起こりえます。最初から全てうまくいくことなどないし、あったとしてもそれは本当に幸運が重なっただけ、と解釈するべきです。なかなかうまくいかない、自分にとってヘヴィーな課題であるからこそ、計画を立ててチャレンジします。そして当然、失敗や挫折がやってきます。

軌道修正

うまくいくために必要なのは軌道修正です。

なんとなくそれはわかると思います。

ではなぜ軌道修正できないのか?その原因と対策を考えます。

完璧主義を捨てる

何事も完璧を目指さないといけない、という部分が軌道修正を阻害します。100点に価値があって、50点や70点にはそれほど意味がない、と思ってしまいがちですが、『半分も成果が出た!』というのは立派なことではないでしょうか。五十歩百歩の逆のようですが、50点も100点も、あなたはどちらにせよ成果を出せています。完璧主義だと、こんなハッピーなことすら見落としてしまいそうになります。

他人の目を気にしない

自分の挑戦や計画が人に見られていると意識すると、そこでもまた他人の目を気にします。

そしてもう一つ、『自分という他人』の目も、無意識のうちに気にしてしまいます。

時にはそれがモチベーションになることもあるでしょう。ですが、モチベーションがそれに支配されてしまうと、「他人から恥ずかしく思われない」ことがメインになってしまいます。すると、「じゃぁそもそもやんなきゃいいや。恥をかくくらいなら、やーめた」という選択肢の方がラクで現実的です。

これが、他人の目を気にすることの弊害です。あくまで、自分の中の動機付けを優先させるべきであり、他人に貶されるのも、また褒められるのも、意識しないようにすることが大事です。

まとめ

私もこれまで何度も計画し、挫折し、失敗を繰り返してきました。

その中でも数%、うまくいったことがあります。

そのうまくいったこと、行かなかったことを分析したところ、『軌道修正』をうまくやれていたかどうかが決め手だったことがわかりました。気付いたら、それが宝物となって今でも自分の中に蓄積されています。

頑張るあなたをいつでも応援しています!私も今日も、無理せず楽しく頑張ります!

【本日のオススメ本】

非常識な成功法則【新装版】 (日本語) 単行本

コメント

タイトルとURLをコピーしました