KOMPLETEシリーズで使用頻度の高いプラグインBest3

DTM

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE

DTMをされる方にはお馴染み、NATIVE INSTRUMENTS社から出ているソフトウェアバンドルのKOMPLETEは、プロアマ問わず多くの人に使われています。

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition UPG FOR KU8-12
Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ ) / KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition UPG FOR KU8-12

私もプロジェクト内で、KOMPLETE付属のプラグインのうちどれかは必ず挿さってると思います。種類が多く、汎用性が高いのが特徴です。

現在セールをやっていて、これを機に新たにゲットしたり、旧バージョンからアップグレードした方も多いのではないでしょうか。(上記リンクはサウンドハウスさんのアップグレード版です。下記リンクはnative instrumentsさんのオフィシャルストアです)

Native Instruments - 音楽制作とDjプレイのためのソフトウェアとハードウェア
Native Instruments 社は、コンピュータをベースにした音楽制作とDJプレイ用のソフトウェア開発における第一人者として市場をリードしています。

今回は、そんなKOMPLETEを買うと使えるプラグインの中で、私の使用頻度の高い機種を3種ご紹介します(KONTAKTは汎用サンプラーとして常備して使っていますので、今回は除外します)

KOMPLETE付属プラグインのよく使うBest3

SESSION HORNS PRO

まずはブラス音源の定番、SESSION HORNS PROです。

様々な編成に対応できるのと、キースイッチによる幅広い表現が魅力です。

私は普段はポップス系のアレンジをすることが多いので、大抵はこれを挿して使っています。

シネマティック : Session Horns Pro | Komplete
ディテールにこだわってサンプリングされた、演奏し易く、本物のパフォーマンスにも力を発揮する10本のインストゥルメント。 リアルなコンテンポラリー・ホーンが30GB。

GUITAR RIG 5 PRO

次はギター用エフェクト&アンプシミュレータープラグインの、GUITAR RIG 5 PROです。

私はギタリストとして自分の演奏をライン録りする時は、ギターのアウトプットから直でプリアンプを通して録音し、そのオーディオデータにアンプシミュレータプラグインをかけて、ギターの音を作ります。

競合のソフトも場合によって使い分けますが、その中でもギターリグは軽くて操作性がよく、音も良いので重宝しています。

ギター : Guitar Rig 6 Pro | Komplete
GUITAR RIG 6 PROはクリエイティブな音楽制作に適したマルチエフェクト・ラック & アンプ・シュミレーターです。 最先端の回路モデリング技術と直感的なインターフェースでユニークな音色を作りましょう。

BATTERY 4

ドラムサンプラーの定番ソフトであるBATTERY 4は、正直めちゃくちゃ使います。

プリセットからキットを選んで、そこからリズムトラックを構築していくオーソドックスな使い方はもちろん、別の音源で作ったリズムトラックに付け足しとしてバッテリーの音を組み合わせることもよくあります。まさにリズムの主役〜脇役まで幅広くこなせる万能サンプラーです。

ドラム : Battery 4 | Komplete

まとめ

個人的には、KOMPLETEはポップスやダンスミュージック系を作るDTMユーザーにはマストツールだと思っています。

今回ご紹介はしていませんが、劇伴やBGM制作で使える音源も豊富に入っているので、まずはKOMPLETEを一つ買ってプラグインを使い倒すと、色々と出来ることが見えてきます。

また、コンプやEQなどのエフェクトプラグインも地味に優秀で、使い所を知っているとかなり便利に使えます。

以上、これからKOMPLETEシリーズの導入を検討されている方や、使い始めたばかりの方の参考になれば幸いです!

【本日のオススメ本】

シンセサイザー入門Rev.2 音作りが分かるシンセの教科書

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました