ダイエットに不可欠な『カロリー計算』の簡単なやり方

食事

カロリー計算

ダイエットをするとき、食事のコントロールが重要なことは以前にも記事でご紹介しました。

食事はなんとな〜くだとコントロールができません。しっかりとカロリー計算をして、数値で管理することが大前提です。

でもカロリー計算って、いちいち面倒ですよね?1日平均3食、間食とかを含めるともっとたくさん記録しなければいけません。

でも大丈夫です。

とっても簡単なやり方をご紹介します。

手書きラブなアナログ派の方も、スマホをバリバリ使いこなすテクノロジー派の方も、どちらもすぐ実践できますので、どうぞご覧ください!

手書き派のカロリー計算

手書きはいいですよね!なんだかんだ手書きは早いしラクです。

まずは専用のノートを一冊用意してください。

出先にも持っていけるよう、A5くらいの小さめのサイズがいいと思います。

そして、何かを口にする前に、必ず食品とカロリーを記入してから食べたり飲んだりします。

今は大抵の食品には栄養成分表示があります。

また、生鮮野菜などは厳密なカロリーを計算するのは難しいですが、ネットで検索すればだいたいのカロリーは出てくるので、あとでまとめて調べて記入すれば大丈夫です(慣れてくれば、普段食べているものが何キロカロリーなのか、覚えてきちゃいます)。

最後に、1日の総摂取カロリーを足し合わせて計算してください。

デジタル派のカロリー計算

スマホ、PCをバリバリ使いこなすデジタル派のあなたには、やはりスマホアプリで管理することをオススメします。

私が使っているこのアプリは、検索すれば大抵の食品が出てくるので、とても便利です。さらに、たんぱく質、脂質、炭水化物の量と割合も示してくれるので、栄養の偏りもチェックできてしまいます。

【すぐわかる!】『FatSecretのカロリーカウンター』 - Appliv
ダイエットの前にカロリー算出 まずは現状を知ることが大切| (1)質問に回答すると、1日に摂取できるカロリーを表示してくれるアプリ (2)入力していくと現在の食生活、運動量をわかりやすくグラフ化してくれる (3)食べた項目にチェックを入れるだけなので、入力がらくちん

これも毎回食事前に入力するのがポイントです。

慣れるまではちょっと億劫ですが、習慣になればこれほどラクで便利なものがないと実感していただけると思います!

まとめ

数字は嘘をつきません。なんとなく食事を抑えている、なんとなく痩せそう、ではほぼ確実に痩せることはできません。

計算や管理というと、面倒なことのように捉えがちですが、これも一種の自分の体を使ったゲームだと思うと楽しく取り組めます!!食事をうまくコントロールしていけば、自然に体重が落ちていくので、とっても楽しいです!

ちょっと長いスパン(数ヶ月)で効果が出てくるのですが、そこはあまり気負わず気長にやりましょう。思い通りの自分を目指すあなたを応援しています!

【本日のオススメ本】

ライザップ糖質量ハンドブック

コメント

タイトルとURLをコピーしました