ハンターハンターの好きなシーンBEST3

漫画

HUNTER×HUNTERが好き

ご存知少年ジャンプにて連載中のHUNTER×HUNTER(ハンターハンター)ですが、多分私の地球上で一番好きな漫画です。

私は単行本派(ジャンプは買って読まない)なので、毎回何年か越しの新刊を楽しみにしていますが、何年待たせても期待を全く裏切らない密度の濃さと面白さは本当にすごいと思います。

今回はそんなハンターハンターの作中で私が個人的に好きなシーンを3つご紹介します。既に最新刊くらいまで読んでる方向けの内容となっております!

(※ネタバレ含みますのでご注意ください!!)

ハンターハンターの好きなシーン

BEST3

ハンター試験三次試験 トリックタワーでの長期受刑者との戦い

まずは物語序盤のハンター試験からです。このシーンほんっと大好きで何回読み返したかわからないです。トンパのあざとさとか、レオリオのスケベさとか、クラピカの頑固さとか、ゴンの天才さとか、キルアの隠し持った残忍さとか、あの場の5人の魅力がギュギュっと凝縮されていてとっても面白い。そして敵のみなさんもそれぞれうまく魅力を引き立ててくれてます。マジタニは永遠の愛すべきザコ敵ですね。

BEST2

陰獣 VS ウボォーギン

次は旅団編で、オークションを守るために十老頭から実行部隊として登場した陰獣たちと、旅団のうち単独で闘うウボォーギンがあいまみえる場面です。陰獣たちが結構凄そうなのに、なんというか能力や容姿に華がなくて、結局ウボォー一人に圧倒されてしまうのがとても鮮烈でした(蛭は少しダメージ残しました)。ウボォーやべぇよ、旅団やべぇ、めっちゃ強くね!?という印象を与えた後に、クラピカと闘うことになって、そのクラピカがチートしちゃうもんだから、全体の流れとして三段活用(?)の1〜2みたいな部分になってますよね。アニメ(後に作られた方)は一応全部みたんですが、やっぱこのシーンは最高でした

BEST1

ネテロ会長 過去に隠された強さの秘密

私の中で不動のNo.1大好きシーンは、蟻編でのネテロ会長の回想シーンです。

一日一万回 感謝の正拳突き

ただ、正拳突きだけ!凡人の私には全く意味不明な修行ですが、そこになんとも地上最強の男ネテロの非凡さが現れているようで、大好きです!己の限界を感じてたどり着いた境地が「武術への感謝」って・・・。そんなこと言ってみたいものです。山に籠もってひたすら正拳突き、という現実離れした行為にロマンを感じずにいられません。

そしてそれやり続けた結果が、「ネテロの拳は音を置き去りにした」ですから。そりゃネフェルピトーも百式観音の一撃で一瞬で吹っ飛ばされます。

ちなみにねとらぼさんで【1時間に1万回の正拳突き】についての検証をしてくださってる記事がありましたので、よかったら併せてお読みください。なんと、『気を整える => 拝む => 祈る => 突く』を0.36秒でやってしまうらしいです。360ms・・・って聞くと、気持ちいディレイタイム設定するとき、ネテロの感謝の正拳突きが何回繰り返されるかで考えてしまいそうです。

【検証】ネテロ会長の「一日一万回 感謝の正拳突き」はどれほどすごいのか?【H×H】
人は音速を超えられるのか。

まとめ

無人島に1作品だけ漫画持ってっていいなら、間違いなくハンターハンターを選ぶと思います!!何回読んでも飽きない!!まだまだたくさん好きなシーンはありますが、これからも読み込んで色々発見していきたいと思います!冨樫先生応援しております!!

(続刊まだかなぁ・・・)

【本日のオススメ本】

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

コメント

タイトルとURLをコピーしました