DTMやるならやっぱりMAC?Windows?

DTM

DTMのパソコン選び

DTMをこれから始める人、ブランクがある人、すでに結構やっている人、様々だとは思いますが、どのステージの人でもパソコン選びというのは永遠のテーマでしょう。これから始める人はすでに持っているパソコンが何なのか、また新しく買うならどれを選ぶのか。ブランクのある人も同様。すでにやっている人は今の環境をいつまで使い続けるのか、買い替えとアップデートをどのタイミングでやるか。パソコンの買い替えの周期は一般的に3~5年などと言われます。この根拠は様々ですが、重要なのは使用者の意図と目的に沿うかどうかです。

OS選びは永遠のテーマ

今日のパソコンはWindows、Macのシェアが大半です。Linuxを普段使いする人は珍しいでしょうし、その他のOSも然りです。さらに、DTMを取り巻く各社からの製品はどちらかのOSに対応しているのが常なので、この2択以外の選択肢は基本的に考えなくていいでしょう。ではなぜこれが永遠のテーマなのか。それはそれぞれのメリット、デメリットが拮抗しているからに他ならず、特に音楽においてはこれまでMacが圧倒的に優位だったのが、そのバランスが崩れているように感じます。

考えるべきポイント

では実際にOSからパソコンを選ぶとき、選ぶ基準を明確化することが大事です。以下に私が重要と感じるポイントを列挙します。今回の記事ではここまでにしますが、それぞれについて今後より深く考察し、私見を述べていければと思います。

  • DTMでアウトプットしたいものは何か
  • どのような環境でDTMをするのか
  • 予算はどれほど確保できるのか
  • PCの知識と操作スキルはどの程度か
  • 共同制作者や、サポートを頼める人が周りにいるかどうか
  • こだわりたい部分はどこか

まとめ

DTMにおいてパソコンのOSは重要なテーマです。

既に使ってるパソコンのOSが決まっている場合。

これからDTMを始めるために新しくパソコンを買う場合。

いろんな状況によって、使う環境が決まってくると思います。

ですが、世の中にはいろんなユーザーがいて、色々な使い方をしています。

ぜひ試行錯誤して、あなたにベストな制作環境を、時間をかけて構築して行ってください!

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました