使用頻度の高いプラグイン3選〜エフェクト編〜

DTM

DTMで使用するプラグインソフト

プラグインエフェクトもDTMの醍醐味!

コンプ、EQ、リバーブなどの定番から、サチュレーター、イメージャーなどのスパイス的プラグイン、さらには自動マスタリングなど、物凄い種類のエフェクトプラグインソフトが各社から出ています。

それを選ぶのも、使い方を模索するのも、もはや現代の楽曲制作では個人レベルで楽しめるようになりました!

エフェクトプラグインの3強

前回は、インストゥルメント(音源)プラグインをご紹介しましたが、今回は音の補正や効果を付け加えるエフェクトプラグインをご紹介します!

L3-LL Multimaximizer

L3 Multimaximizer | Media Integration, Inc.
リニアフェイズ・クロスオーバーにより、繊細な処理と最大限のラウドネスの獲得を両立した、5バンド・マルチリミッター デジタルの世界では絶対にあってはならないクリッピングを回避しながら、全体的な音圧を最適化したい。そんなミックス最終段階やマスタリング時に欠かせない存在となっているWavesのマキシマイザー。 L3 Mult...

まずはL3シリーズです。マキシマイザーと言って、音圧を上げるエフェクトプラグインです。まずは音圧を上げないと人に聞いてもらえないことが多いので、手軽に、自然に音圧を上げられるL3シリーズは多用しています。勿論、音圧を上げすぎると良くないので、マキシマイザーを噛ませる前までのミキシングと、いいバランスでのマキシマイザーの使い方が重要になります。

SOLID BUS COMP

SOLID BUS COMP

次はSOLID BUS COMPです。バスコンプレッサーという括りで、様々なソース(トラック)をひとまとめにしたバスに挿して使うコンプレッサーです。これは効果がわかりやすくて好きです。私はよくドラムバスに挿してドラムスの一体感を出すために使います。簡単にバッキバキで迫力のあるドラムシーケンスが作れます。ただし、かなり効果が強く出るので、自然なかかり具合にしたい時にはあんまり使いません。

Melodyne 4

Melodyneとは?
Melodyneを使用すれば、テクニシャンではなく、ミュージシャンのようにオーディオを編集できます。OS XとWindowsで使用できます。

最後はMelodyneです。これはオーディオデータのピッチやタイミングなどを操作できるプラグインエフェクトです。録音したボーカルの音程を直したり、音量を部分的に整えたり、発音タイミングを調整したりできます。ボーカル編集では必ずこれをかけます。

まとめ

制作にはスピードが大事です。丁寧さを犠牲にする、という意味ではなく、音楽制作はインスピレーションをいかにシーケンスに落とし込めるかが重要だからです。ソフトウェアの操作で手間取って、そこに意識を持っていかれては、音楽に対する自分のインスピレーションをロスしていることになります。ですので、プラグインエフェクトなどのツールはすごく重要だし、スピードアップに貢献できるものを私は好んで選んでいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。DTMを嗜む仲間の参考になれば幸いです。

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました