ビット?バイト?混乱しがちなあなたへ【DTMerもぜひ知っておきたい!】

DTM

ビットとかバイトとか言われてピンとこない

パソコン、スマホ、インターネットが当たり前なこのご時世、よくわからない単位をよく目にします。

「通信速度は1Mbps!!」

「容量は1GB!」

「64bitプラグイン対応!!」

“めがびーぴーえす”とか、”びっと”、”めがばいと”なんて書かれてもさっぱりわかりません。

何を覚えたらいいんでしょうか?

心配無用です

この記事を読めば、あなたが普段めにする単位だけ覚えておけます。他のことは関係ないと思ってスルーしておけば大丈夫です!!(DTMをやる人もぜひ覚えてください!)

言葉の定義

まず、コンピューターは二進数でデータを扱います。私たちが普段使う10進数とは数え方が違うので注意してください。言葉の意味としてはそれぞれ、(それぞれWikipediaより)

・bit(ビット)

情報理論、コンピューティング、デジタル通信における情報の基本単位

・byte(バイト)

「複数ビット」を意味する、データ量あるいは情報量の単位

本来バイトとは、8ビット固定ではなく、扱う文字種や、あるいはワードサイズをいくつかに分割することによって決められる、1文字を表現する単位で・・・(中略)・・・しかし・・・(中略)・・・一般にバイトは8ビットであることが多い

このような意味になります。

1バイト = 8 ビット

こう覚えてしまって大丈夫です!

実際に使われている例

ハードディスク(SSD)

パソコンの中身、スマホの中身、テレビのレコーダーなど全て、ハードディスクが入っています。

また、パソコンだけで容量が足りない時は、外付けのハードディスクを使うこともよくあります。

SanDisk ポータブルSSD 500GB 最大1050MB/秒 【PS4 メーカー動作確認済】 USB3.1 Gen2 防滴 耐振 耐衝撃 SDSSDE80-500G-J25 Extreme Pro Portable 5年保証

「500GB」とか書いてあるのは、馴染み深いですね。このGB(ギガバイト)は容量の単位です。その下の単位はMB(メガバイト)で、1024MBが1GBです(二進法なので、この辺りは私たちにパッとイメージしづらいところです・・・)。

音楽、動画データ

音楽や動画のデータは、文書や写真データに比べて要領を食うのはよく知られています。

具体的には、ファイルの末尾に書かれている拡張子がポイントで、

例えば音楽データなら

世界に一つだけの花.wav

動画データなら

世界に一つだけの花<pv>.mp4

というように、.wavや.mp4という拡張子が付きます。

おおよその目安として、一曲あたりの容量の目安は、

.wav : 40MBくらい

.mp3 : 4MBくらい

.mp4(動画) : 500MBくらい〜

(※上記はあくまで目安です!特に動画は設定によってかなり差が出ます!)

.mp3の音楽データなら、だいたい250曲くらいで1GB使うイメージです。

スマホや格安SIMの通信速度

スマホを契約する時、通信速度などの情報が出ているのをよく見かけます。

この、「最大1Mbpsで使い放題」っていう部分に注目です。

Mbpsは「メガビーピーエス」と読みます。通信速度の単位で、1秒間当たり1メガビットのデータを送れる、という意味です。これは単位はbitビットの方です。

【単位の変換としては、1,000Kbps(キロビーピーエス)=1Mbps、1,000Mbps=1Gbps(ギガビーピーエス)となります。】

Googleで、「スピードテスト」と検索すると、パソコンでもスマホでも、現在のインターネット環境の速度が調べられます。

参考までに、1Mbpsなら、普通にネット見たりするにはストレスにならないくらい、と言われてます。

動画とか見るのに快適なネット速度は20Mbpsくらいだと言われています。

快適なインターネットの回線速度とは? - 必要な速度や目安。スピードチェックの方法
インターネットで動画視聴時にカクカク止まったり、オンラインゲームの反応が悪かったりするとイライラしますよね。この記事では、利用用途別の快適な通信速度とは?そして光回線やモバイルWiFiの実際の速度はどれくらい?という疑問に答えます。ネットスピードを簡単にテストできるツールも紹介しますよ。
【2020年10月】楽天モバイルの通信速度をレビュー|UN-LIMIT Vは速い?実際に測って徹底検証
楽天モバイルの通信速度は遅い。 これが、以前までの楽天モバイルを使っていた方に多かった声です。 しかし、2020年4月にプランが「Rakuten UN-LIMIT V(楽天アンリミット 5G)」にリニ

DAWの設定

※ここからは、DTMをやらない方は読まなくて大丈夫です!

※パソコンで作曲や歌ってみた、演奏してみたを録る方はぜひご覧ください!

DAWソフトでは「64bitプラグイン」とか、「32bit float処理」などの性能表示があったりします。

プロジェクトの設定の場合、16bitや24bitなどを選べることが多いです。

これは非常にややこしいので、整理して考える必要があります。

まずソフトに32bitとか64bitとかの添え書きがしてある場合、それはOS(WindowsやMac)が扱える情報量の大きさと関係があって、一昔前までは32bitが主流、今は64bitが主流となっており、これがDAWソフトやプラグインの性能とも関係します。

プロジェクト設定で使う16bitとか24bitなどは、オーディオデータのビット深度を表しています。大きくなればなるほど高音質でデータ量大、と覚えておけば問題ないです。

また、DAWソフトでの内部処理については下記の項目をご覧ください。

32bit float内部処理について

sleepfreaksで、32bitfloatと64bitの解説があります。

重要な点としては、

  1. 内部処理のbit数は設定に関係なく常に一定
  2. プロジェクトのビット解像度の設定は、録音の時に適用される(設定した値でファイルが保存される)※エフェクトかけ録りをする場合は32bit floatの設定にしとくと良いが、その分ファイルサイズが大きくなる
  3. DAW内でトラックを書き出し(オーディオ化)する際は、32bit floatにしておくと、書き出し後の音質の劣化がなく扱える
  4. 32bit float内部処理なら、オーディオ録音する時、DAW内で信号がクリップ(メーターが赤になる)してても歪まずに録音出来る。ただしオーディオ・インターフェースに入力する段階でクリップしていたら、元に戻すことは不可能
  5. マスターアウトもクリップさせないレベルにしておかないと、最後の書き出しの際に歪んでしまう

となります。が、ややこしいのでさらにポイントを絞ると、

  1. プロジェクト設定で32bit floatにすると、DAW側でボリューム操作やエフェクトかけ録りの時に音質劣化がなく録れる
  2. DAW内部の各トラックでクリップしてても、音質劣化なく保存される
  3. プロジェクト内で書き出す中間ファイルは32bit floatにしておくべき
  4. オーディオインターフェース内、マスターアウトはクリップNGなので気をつける

これを覚えておくといいでしょう。

まとめ:必要な情報だけ覚えておく

専門的な話になると、とても一般の人にはとっつきづらくなります。

なので、普段使うものに関する数字と、その目安だけイメージできるようになれば全く問題ないです!

必要なことだけ覚えて、

不要なことは覚えない

こう割り切ってしまいましょう!

(後から追加で知識が必要になれば、その都度また勉強していきましょう!一度に全て覚えようとするより効率がいいと思います!)

追記(2020.4.2)Cubaseにおける64bit floatエンジン処理について

Cubaseはバージョン9.5より、64bit floatでの内部処理が可能となっています。

また、バージョン10以降は、プロジェクト設定での32bit整数および64bit floatが選択可能となりました。

オーディオインターフェースの性能との兼ね合いにより、より緻密で情報量の多い録音と、内部の波形処理が可能となっています。

より詳しく知りたい場合、sleep freaksさんの解説動画が参考になるので、そちらも併せてご覧下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました